ガラスコーティングの専門店です。福岡、北九州、佐賀、熊本、大分、長崎、鹿児島からのお客様にも好評です。

 TOP  サービスのご案内  ボディーコーティング

ガラスコーティング福岡 イズミクリーン株式会社 - ボディーコーティングについて

ガラスコーティング福岡 イズミクリーン株式会社 - プロが選び抜いた逸品。

今、マーケットには多種多様のコーティング剤がございますが、イズミクリーンが提供するコーティングは実際に施工検証し選び抜かれたコーティングしか世には出しておりません
すべての商品は当社でサンプル施工を繰り返し十分なデーターを取り高い基準をクリアしたプロが選ぶ本物のコーティングを揃えております


当社に入ってきてからはまずテストパネルでの施工検証が行なわれます。その他サンプル施工はかなりの台数となります。
この中で実際に商品として並ぶまでに少し時間がかかりますがコーティングのデータと実際にどのような効力なのかをメーカー
まかせではなく自分の目で確かめていく作業が定期的に行われます


ガラスコーティング福岡 イズミクリーン株式会社 - 中波赤外線焼付けコーティング。

イズミクリーンのコーティング施工はまずベースコーティングの層を作るところから始めます。ガラスコーティングは本来、完全硬化するまでは重ね塗りが困難な性質でしたが中波赤外線の焼付けを行なうことで下地となるベースコーティングを塗装面にがっちり定着させ塗装の内部からも乾燥が進み不純物や外的要因でコーティング面があらされる前に硬度が上がり質の良いシリカガラスが作られます。ベースコーティングは施工時の塗装の吸い込みや艶引け防止、膜厚アップ保護性能アップ、光沢アップなど素晴らしい性能を発揮しております


本来であればこのベースコーティングの焼付けだけでも素晴らしい深みのある艶が得られるのですが、当社ではトップコートを完成させるまでの工程のひとつです。ベースコーティングが完了するといよいよお客様のご要望のトップコーティング施工です。各コーティングを丁寧に塗りこみ性能が最大限に発揮できるようにここでも赤外線中波ヒーターによる焼付けが行いコンディションはMAXにたどり着きます。同じコーティングでも施工に対する考えや工法によって仕上がりはかなり変わってきます。実際に施工し、お客様に接してきたからこそ、本当に必要な品質を見極め実現させたクオリティーがここにあります。



質の良いシリカガラスを作りだします。

光沢計を使って科学的に検証

水のキレを持たせ自浄性能をもたせます。



ボディーコーティング施工には、高品質の液剤はもとよりその性能をフルに引き出す技術とコーティング施工台数のべ1万台のデータを元に日々の研究改善の結果が最高品質のコーティング被膜を作成します。

ガラスコーティング福岡 イズミクリーン株式会社 - イズミクリーンで取り扱っているコーティング

D-PRO Premium Coat Type-RSは従来の親水タイプガラスコーティングとは一線を画す「親水を超えた疎水性能」を持ちます。この親水・疎水効果により、塗装上に蓄積された汚れは、水と一緒に流れ落ちやすくなります。親水成分に約1割の撥水成分を付加しています。これによって、本来の親水性(水になじみやすい)に水キレの良さ(疎水性)を持たせることが出来ました。膜厚感のある深い艶と、保護性能は、他の追従をゆるさない、まさしくプレミアムコーティングです。  >> お問い合わせはこちら

D-PRO Premium Coat Type-BPはDPROと液剤メーカーが共同で開発した新しいガラスコーティングシステムです。ベース膜に石英と同様の構造を持ったガラス質被膜を形成し、その表面に光沢向上効果を持ったシラン系撥水皮膜を特殊配合させ化学結合させた新しいガラス系コーティングシステムです。この特殊配合により、シラン単体では得られない撥水性・光沢性・耐久性・ガスバリヤー性及び耐候性を持つことが可能になりました。今までのガラス系コーティングに比べ大幅に塗装面の保護性能を向上させました。  >> お問い合わせはこちら

D-PRO Premium Coat Type-FDはD-PROで初めての親水性。ケイ素とフッ素の配合で硬い親水タイプの皮膜を形成します。よりユーザー様の細かいニーズに対応できるようになりました。親水の言葉の通り、水になじみやすい性質を持っており、水をかけるとゆっくりと水が引いていく感じとなります。油性の汚れが付着しにくく、落としやすい性能を持っています。また、付着しやすい水性の汚れは落としやすく優れた防汚性能を発揮します。  >> お問い合わせはこちら

D-PRO Premium Coat Type-GSは3H相当のガラス被膜で塗装をガードします。車のボディは常に様々な環境にさらされています。真夏は60℃以上にもなり、逆に真冬はマイナス数十℃にもなります。これらの環境に被膜が柔軟に対応するために出した結果が3H相当。必要以上に固い被膜だと環境の変化による塗装膜の伸縮についてこれずにひび割れ(白ボケ)を起こしてしまいます。単に固い被膜で守るのではなく塗装膜の伸縮に柔軟に適応する、新しい発想のコーティングシステムです。  >> お問い合わせはこちら

これまでのガラスコーティング剤は他分野からの技術流用が主流を占めています。そこでG'ZOX(ジーゾックス)ディテイリングプロ ボディガラスコートは初めから自動車向けに開発してきました。また、開発から供給まで一社で行っているためユーザーの声をダイレクトに反映。研究開発と製造。そしてプロショップが強力にタッグを組んで進化していきます。  >> お問い合わせはこちら

ガラス質でもガラス系でもない。正真正銘のガラスコーティング国内最高水準を誇る、高濃度ガラスコーティング。こだわり続けた素材は、更なる進化を遂げました。 本来のガラス膜のもつ性能をフルに発揮し、今までに無い輝きを表現できる素材です。早稲田大学理工総合研究センター 森実敏倫 理学博士特許 [特許:金属酸化物ガラスの膜および球体微粒子の製造方法] を有しており、化学的に証明されている製品で、他社と一線を画しております。  >> お問い合わせはこちら

ダイヤモンドメイクシリーズは溶剤型であり、多種類のシリカレジンを当社独自のブレンデング技術で高重合する事により、極めて持続性のあるシリカガラス被膜を形成し、撥水・防水・耐候・耐熱・耐摩擦・耐薬品性に優れた効果を発揮します。特殊超高分子フッ素配合により、その足が繊毛のように塗装表面を覆い、長期間塗装表面を完全に保護し、水アカ・虫・鳥糞から守ります。撥水能力に優れ、水玉の形状が118°〜77°と超撥水から滑水タイプへと移行しながら表面張力を保ちます。  >> お問い合わせはこちら